スマホ・パソコンなど、精密機械の取り扱い方のポイント

>

取り扱い方の具体例

水没してしまったときは

特にスマホの話ですが、よくある故障原因で水没が挙げられます。
防水がなされているものもありますが、基本的にスマホに限らず機械類は水には弱いです。
スマホをぼちゃんと水に落としてしまったら慌ててしまいますが、振ったりしないでまずは落ち着いて水をふき取りましょう。振ると中の水滴がまんべんなく機械にいきわたってしまって逆効果です。この時電源が入っていたらすぐ切ります。入っていなかったら電源をオンにはしないでください。SDカードなど、外部接続機器がつながっていたらそれらも取り外しておきます。
ふき取ったら吸水性の高いタオルなどでくるんで、水を吸わせます。
乾けばいいだろう、とドライヤーは使わないでください。精密機械は熱があがりすぎると回路が壊れます。乾かすには、乾燥剤と一緒に放置しておくか、日当たりのよい室内に置いておくのが一番です。
これらを試してもダメだったら、修理に持っていきましょう。

運搬時に気を付けること

精密機械も小型化したものが多くなり、自分で運ぶこともありますし、オークションなどで配送することもあります。
衝撃や振動に弱い精密機械をなるべく安全に運ぶポイントがあります。

少しでも衝撃を和らげるためには、梱包をしっかりすることが大事です。
購入時の箱があればそれを再利用します。なければ、精密機械の採寸をしてできるだけサイズの近い段ボールを用意しましょう。
隙間があいているとずれることがあり、それだけ振動や衝撃の影響をうけます。

運搬するときの箱の中で固定できる梱包材があれば、しっかりはめて使います。
または、プチプチと呼ばれる緩衝材で何枚か重ねてくるみます。隙間を埋めるためには新聞紙やクラフト紙などをゆるくまるめてつめておきます。

梱包の手抜きは絶対にしないで、厳重すぎるほど厳重にしておくと安心です。


この記事をシェアする
B!