精密機械を取り扱う際の注意点

スマホ・パソコンなど、精密機械の取り扱い方のポイント

精密機械ってなんだろう

機械が苦手な人にとっても、得意な人にとっても、ちょっと気を付けなきゃいけないかな、と思えるのが精密機械です。
精密機械は、精密という名の通り細部に至るまで正確な寸法でつくられ、高度で正確な動きを要求される機械を指すので、乱暴な扱いはその動きを妨げます。
現代はそこらじゅう見渡しても機械ばかりで、精密機械がなければなりたたない社会となっています。計算ひとつとってもそろばんを使う人は希少となり、電卓やスマホを使っていますね。

精密機械で身近なものは家電が該当します。
身近でなくても大型機械が文明社会においてどれだけのウェイトを占めているのかは想像ができます。

家電においては普段使っているので、取り扱い説明書が付属されており、見る人は見ていると思います。
たいていは使い方を真っ先にみて、道具として便利に使いこなせるように考える段階で説明書を読むのを終了していることでしょう。

絶対にやらないでください!とビックリマークで大きく書かれている注意事項は、ざっと一回読んで終わりにしていませんか?
故障かな?のトラブルシューティングの項目は、実際に壊れないと目を通さない人もいるかと思います。

身近な精密機械を手に取って、中の仕組みや弱点まで考えて使う人はなかなかいませんし、その必要もないかもしれません。
しかしながら、精密機械はなるべく長く使っていきたいものです。そのためには、取り扱いの際に注意しなければならないポイントを、自分の中で常識として備えておくと精密機械全般の使用に役に立ちます。
壊れやすい精密機械の特徴を把握して、大切に使いこなしていきましょう。

精密機械を大事に使おう

我々にとってもはやなくてはならなくなった精密機械たち。 携帯電話にいたっては使いすぎが注意喚起されるほどとなっています。 現代の精密機械は長く使う風潮というよりは、買い替えを促すような移り変わりが早い感じがありますが、特徴を知ってなるべく大事に使いたいものです。

最初に気を付けること

「また壊れた」、「また壊した」… 機械を扱うにあたり、人よりよくこういわれる、という人がいます。 本人はなんで機械が壊れやすいのかわからない様子ですが、精密機械との接し方をみると、さもありなん、となります。 急ぎすぎ、雑すぎ、は精密機械には厳禁です。

取り扱い方の具体例

トイレにいったらスマホを落とした、ポケットに入れておいたのを忘れて洗濯してしまった…など水没トラブルは案外多いものです。 そのときはどうしたらいいのか、やってはいけないこととはなにかを述べていきます。また、精密機械運搬時の注意も併せて紹介します。